MENU
The Japan Equestrian Archery Association
公益社団法人 大日本弓馬会

 

クラウドファンディングへの御協力のお願い(第2報)
<御支援はこちらから>
https://camp-fire.jp/projects/view/449211

大日本弓馬会が、令和2年11月15日に流鏑馬専用馬場「流鏑馬鎌倉教場」を開設してから、約1年が経過しました。
全長220メートルの馬場に的を3つ設置し、稽古だけではなく、本格的な流鏑馬も実施できる“常設の馬場”である「鎌倉教場」は、世界最高の流鏑馬稽古馬場であると自負しております。

この1年間、この「鎌倉教場」は、毎週日曜日には約30人の門人による最高の稽古場として、そして、令和2年11月29日と令和3年4月4日には流鏑馬の行事を行う馬場として、流鏑馬・日本弓馬術の維持継承に大きく貢献してまいりました。

特に、令和3年7月17日に明治神宮において無観客で行われた「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 安全祈願奉納流鏑馬」(主催:文化庁・日本芸術文化振興会・大日本弓馬会、共催:オリパラ組織委員会)では、近年稀に見る高的中率となり、国家的プロジェクトの一環として実施した流鏑馬において、大日本弓馬会の流鏑馬の質の高さ、筋の良さを国内外に示すことができました。
<当日の様子はこちら>
 日本語(6分版) https://www.youtube.com/watch?v=yVhBEixDBGw
 日本語(1分版) https://www.youtube.com/watch?v=dePsjgvyZA0
 英 語(6分版) https://www.youtube.com/watch?v=Qh0Os2PEoWw
 英 語(1分版) https://www.youtube.com/watch?v=MjhzCqihMxw
 全行事(2時間20分) https://www.youtube.com/watch?v=J1a1PTypB-U

また、令和3年11月3日に同じく明治神宮において無観客で行われた「明治神宮流鏑馬神事」では、神様に奉納する「奉射」の的中成績が8割を超え、近年では過去最高を記録したほか、矢番え(次の的までの間に矢を番える所作)の失敗がほとんどないなど、「鎌倉教場」での稽古の成果が極めて明確に示されたところです。

これもひとえに、「鎌倉教場」あってこその成果であり、多くの方々の御支援により、このような充実した稽古環境を整えていただいたことに対し、大日本弓馬会から改めてお礼を申し上げます。

その上で、でございますが、皆様に重ねてお願いしたい儀がございます。
それは、現在、クラウドファンディング第2弾として実施している、更なる稽古環境の充実への御支援でございます。

最高の流鏑馬馬場を備えた「鎌倉教場」ではございますが、実のところ、付帯設備が整っておりません。
教場にあるのは、全長220メートルの鉄砲馬場(直線馬場)と3つの的、24メートル四方の角馬場(方形馬場)、物置、仮設トイレのみとなっております。

教場には更衣室がなく、門人は稽古前にイベント用のテントを設置し、その中で着替えておりますが、雨の日には物置の中で一人ずつ順番に着替えざるを得ません。
また、近隣住宅に迷惑をかけないために砂にまく散水用の水が必要であるにもかかわらず、水道設備がありません。手洗いや馬の飲み水用の水もなく、稽古のたびに門人がポリタンクに水を汲んで持参しています。
さらに、馬は暑さに弱いのですが、夏の日差しを遮るものが一切なく、日照りの日には馬の体調維持のために稽古量を著しく減らさなければなりません。

これらの付帯設備(更衣室、水道、馬の日除け)は、いずれも流鏑馬・和式弓馬術の稽古には欠かせないものですが、コロナ禍により行事の中止が相次いでいることなどもあり、それらを大日本弓馬会が単独で整備するのは余りにも厳しい状況です。
そのため、昨年に引き続き、本年もクラウドファンディングによる御支援をお願いし、これら付帯設備を設置することを目指しているところでございます。

11月8日現在、クラウドファンディングの達成率は50%を超えておりますが、ここからの伸びが鈍化しており、最終的な目標額の達成が危ぶまれているところです。
そこで、差し出がましくも、大日本弓馬会のホームページを御覧いただいている皆様に、このたびの御支援のお願いをさせていただきたく、このたび本メッセージを掲載させていただきました。
より一層の稽古環境の改善により、流鏑馬・日本弓馬術のより確実な維持継承に繋げるため、皆様の貴重な御支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。
<御支援はこちらから>
https://camp-fire.jp/projects/view/449211

 

クラウドファンディングへの御協力のお願い
馬上から矢を放つ技は、日頃の稽古に支えられています。
私たちの稽古場である「流鏑馬鎌倉教場」には、更衣室や砂塵防止のための散水用設備、また馬用の日除けという最低限必要な環境が整っておらず、雨の日は物置の中で着替え、水は毎回ポリタンクで持参し、日照りの日も馬が野ざらしという大変不便な状況です。
鎌倉に伝わる伝統文化「流鏑馬」の維持継承には射手の育成が欠かせません。
十分な稽古環境を整えるための御支援をお願いいたします。
<クラウドファンディングのページはこちら>
https://camp-fire.jp/projects/view/449211

 

Yabusame Ceremony to Wish for the Safe Holding and Success of the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games
The Japan Equestrian Archery Association held a yabusame ceremony at Meiji Jingu wishing for the safe holding and success of the Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games. As prevention of the Covid-19 spread, the performance was not open to public but was live steamed which can be seen today.
For details, please click the below blue special page.
⇒special page
This program was chosen as an “FY 2021 Japan Cultural Expo Project Presented and Co-presented by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan and the Japan Arts Council ” and “Tokyo 2020 NIPPON Festival co-hosted program.”
Host: The Agency for Cultural Affairs, Government of Japan, the Japan Arts Council and the Japan Equestrian Archery Association
Co-host: The Tokyo Organizing Committee of the Olympic and Paralympic Games

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会 安全祈願奉納流鏑馬
令和3年7月17日(土)に、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の安全と成功を祈願する流鏑馬を明治神宮に奉納いたしました。
感染症対策のため、無観客での開催となりましたが、ライブ配信を行い、現在も視聴可能となっています。
詳しくは特設ページを御覧ください。
⇒特設ページはこちら
本事業は、「令和3年度 日本博 主催・共催型プロジェクト」と「東京2020 NIPPONフェスティバル共催プログラム」に採択されています。
主催 文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、公益社団法人大日本弓馬会
共催 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会

 

流鏑馬鎌倉教場からの御報告
多くの方々に御支援いただき、令和2年11月15日に完成した流鏑馬専用馬場「流鏑馬鎌倉教場」は、おかげさまを持ちまして、完成から6か月が経過いたしました。
この期間中、流鏑馬の維持継承に努める門人達が稽古に精励するとともに、令和2年11月29日には『令和2年度 日本博 主催・共催型プロジェクト「世界平和・健康祈願流鏑馬」』を、令和3年4月4日には馬場建設に御協力いただいた方々を招待した「鎌倉教場建設記念流鏑馬」を開催し、いずれも感染症対策のため観覧者数に限りがあったものの、盛況のうちに終了いたしました。
改めまして、建設資金に御寄付くださった皆様、クラウドファンディングに御協力いただいた皆様、クラウドファンディングを強くサポートしてくださったCAMPFIRE GoodMorning社の皆様に厚く御礼申し上げます。
もっとも、馬場は完成しましたが、物置と仮設トイレ以外の設備はなく、今後は、水道と更衣室などのインフラ整備が喫緊の課題となっております。近日中に、これらのための改め資金調達企画を実施する計画でございますので、引き続き皆様の御支援・御協力をお願いいたします。

ご寄附下さいました方々のリストはこちらからご覧いただけます。

 

令和2年度日本博主催・共催型プロジェクト「世界平和・健康祈願流鏑馬」の最後の成果物である流鏑馬のプロモーション映像が完成しました。

御覧いただき、アンケートへの御協力をお願いいたします。
なお、本作は最新の8K規格にて撮影・制作されたものですが、ウェブ上で公開するためダウンサイジングしております。
それでも超高画質なので、できるだけ大画面で御視聴いただくとよりお楽しみいただけます。

・下記YouTubeにて視聴の場合、別ウィンドウが開きます。
 (YouTube):https://youtu.be/QK6b9YVa90w
・設定より画質を調整頂けます。

 

Yabusame 
流鏑馬(やぶさめ)

Yabusame is a ritual where the archers aim at targets from horses running at full speed.
Tachisukashi is a special technique that shows the beauty of horseback riding doing away with the up and down movements of the upper body.
Please watch Yabusame which has the tradition of 800 years, presented by the Japan Equestrian Archery Association.

流鏑馬(やぶさめ)。
全速力で走る馬の上から的を射る神事。
上半身が上下動しない美しい馬上姿勢を可能にする究極の技術「立ち透かし(たちすかし)」。
800年の伝統を現在に伝える大日本弓馬会の流鏑馬を是非ご覧ください。

 

Anjo hitonaku anka umanashi 
鞍上無人 鞍下無馬 (あんじょうひとなく あんかうまなし)

Anjo hitonaku anka umanashi
No one above the horse, no horse under the saddle.
It means the unity of rider and horse.

It expresses the unison of the movement of rider and horse as if the rider does not feel the horse and the horse does not feel the rider.
Only those who have mastered the traditional riding style of Tachisukashi can attain this refinement.

人馬一体のこと。
乗り手にとって馬が無いごとく、馬にとって乗り手が無いごとく、人と馬が互いを感じない程に動作が調和して一体となっている様子。
伝統の技術「立ち透かし」を習得した者のみが到る極致。

 

 

流鏑馬とは

About yabusame, please click here(English)

 

「流鏑馬」とは、疾駆する馬上から左横に置かれた3つの的を射る神事です。単に武芸を競うのではなく、天下泰平(てんかたいへい)、五穀豊穣(ごこくほうじょう)、万民息災(ばんみんそくさい)を祈念して的を射る精神性の高い祭事です。
馬を走らせ、馬上から矢を射ることを騎射(きしゃ)または騎射(うまゆみ)といいます。騎射には、「流鏑馬(やぶさめ)」「笠懸(かさがけ)」「犬追物(いぬおうもの)」がありますが、中でも、神事である「流鏑馬」は別格とされています。

 

baba

 

流鏑馬の見所

流鏑馬の馬場の長さや的の間隔は鎌倉時代のままです。しかし、現代では体が大きく足も速い西洋産の馬を用いることも多く、的中させるのは至難の業です。次の的までの数秒の間に矢を番(つが)えなければならず、その難易度は現代の方が高いともいわれています。
流鏑馬の出場者は射手(いて)と呼ばれます。厳しい修業を積んだ者だけが射手になることができます。
射手は、「立ち透かし(たちすかし)」と呼ばれる日本にだけ伝わる極めて優れた乗り方を身につけています。立ち透かしは、脚で馬体を挟まず、腰は鞍に触れずに紙一重で浮かせるというもので、習得が大変難しい技術です。この乗り方により、射手は疾駆する馬上でも上半身が上下動しない美しい姿勢を保ち、的を正確に狙うことができるのです。
ご観覧の際には、流鏑馬の迫力をお感じいただくとともに、弓馬練達の射手による高度な射法と美しい騎乗姿勢にもご注目ください。

midodkoro

 

流鏑馬の射手装束と馬具

流鏑馬神事に出場する射手は、鬼面綾檜笠(きめんあやひがさ)をかぶり、直垂(ひたたれ)または素襖(すおう)を身につけます。左腕には各射手の家紋が金糸で縫い取られた射籠手(いごて)をつけ、腰には鹿の夏毛で作られた行縢(むかばき)をはきます。行縢の上から太刀を佩き、前差し(鎧通し)を差し、手袋をつけ、足袋、射沓(いぐつ)をはきます。重籐(しげとう)の弓を持ち、腰には神頭矢(じんどうや)と呼ばれる鏑矢を手挟みます。神事では血を忌むことから鏑矢には鉄の鏃を付けません。
流鏑馬で用いる馬具は、和鞍(わぐら)、和鐙(わあぶみ)と呼ばれる日本独特のものです。いずれも現代では製作技術が絶えており、骨董品を補修しながら使用しています。
和鞍は木製で、前輪(まえわ)、後輪(しずわ)、居木(いぎ)、四方手(しおで)などで構成されます。和鐙は鉄製で、足を包み込むような大ぶりのものです。舌の形に似ていることから舌鐙(ぜつあぶみ)とも呼ばれます。大きく重いため安定性があり、この和鐙によって射手は立ち透かしが可能となるのです。

shouzoku

 

流鏑馬の起源

流鏑馬の起源は古く、6世紀に欽明(きんめい)天皇が宇佐の地、現在の大分県の宇佐神宮において矢馳馬(やばせめ)として3つの的を射らせたことに始まるとされています。平安時代には、宇多(うだ)天皇が弓馬を極めた源能有(みなもとのよしあり)に命じて「弓馬の礼法」を定めさせました。そして、後に源家が代々相伝することとなり、新羅三郎義光の子孫である武田・小笠原の両家に伝えられました。
源頼朝(1147-1199)は、鎌倉幕府を開いて武家政権を立ち上げた人物であるとともに、かつて神事流鏑馬の故実に通暁していた西行法師にその教えを乞い、文治3年(1187)に天下平定を記念しての流鏑馬を奉納しています。また、弓馬の達人を集めて話し合いを行わせ、流鏑馬の式法を定めるなどして、その隆盛に多大な貢献をしています。
その後、戦乱の世の到来とともに流鏑馬は一時期歴史の表舞台から消えていました。しかし、栄枯盛衰を経ても、その教えは代々受け継がれ、現在にまで脈々と続いています。

kigen

 

騎射の射法

騎射の射法には多くの種類がありますが、行事で披露している主なものは次の3つです。

【弓手横】(ゆんでよこ)
  左真横を射る射法のことをいいます。流鏑馬では弓手横で3つの的を立て続けに射ます。

yundeyoko

弓手横

 

【弓手筋違】(ゆんですがい)
  左下に置かれた的を射る射法のことをいいます。笠懸で行われます。

yundesugai

弓手筋違

 

【馬手筋違】(めてすがい)
  右下に置かれた的を射る射法のことをいいます。笠懸で行われます。射手は弓を左手に持つため、右側に大きく体をひねり、馬の首を越えて右側で弓を構えるという大変難しい技です。

metesugai

馬手筋違

 

※笠懸とは
「笠懸」は平安期から鎌倉期に盛んに行われ、吾妻鏡には源頼朝、頼家が御家人たちと「笠懸」に興じたことが記されています。当時の騎馬武者は、頑丈な大鎧に身を包み、簡単に致命傷を与えることは困難であったことから、鎧武者の急所である顔面を狙い、敵将が顔を上げたり振り返ったところを一矢で仕留める技術が重要とされました。「笠懸」はこの技を修練するためのものであり、平将門、木曽義仲、新田義貞がいずれも顔面に矢を受け陣没しています。

※行事における笠懸
「流鏑馬」が一方向に馬を走らせ、左側真横に置かれた3つの的を射るのに対し、「笠懸」は馬場を往復しながら的を射ます。
往路の的は両端を竹矢来で囲まれており、的を狙う機会は人馬と的が直角に位置する一瞬にしかありません。
また、復路の小笠懸は小ぶりの板で、馬の左右足元に近くに置かれた的を射るという大変高度な技術が要求されます。

kasagake

笠懸

 

流鏑馬の式次第

【出陣】
寄せの太鼓(よせのたいこ)を合図に一同勢揃いし、隊列を組んで出陣します。
【鏑矢奉献・願文奏上】
(かぶらやほうけん・がんもんそうじょう)
一同昇殿し、奉行は鏑矢を神前に奉献した後、玉串を奉奠(ほうてん)し、天下泰平、五穀豊穣、万民息災の願文を奏上します。
【鳴弦の儀】(めいげんのぎ)
弓の弦の音を鳴らすことで、邪気を祓うとされる儀式です。11世紀後半、天皇が病に罹られたとき、弓の名手として名高い源八幡太郎義家が弓の弦を三度鳴らし、その病魔を退散させたことが起源といわれています。
【天長地久の式】(てんちょうちきゅうのしき)
奉行より命を受けた射手は馬を中央に進め「五行の乗法」を行います。左に3回、右に2回、馬を乗り回し、中央で馬を止め神前に目礼します。鏑矢を弓に番え、天と地に対し満月のように弓を引き絞り、「天下泰平、五穀豊穣、万民息災」を祈念します。
【行軍】
一同は隊列を組んで馬場を行軍します。行軍中は序の太鼓(じょのたいこ)を打ちます。
【素馳】(すばせ)
奉行は記録所(きろくどころ)に昇り、諸役は配置につきます。奉行は破の太鼓(はのたいこ)を打ち鳴らし、射手は弓を射ずに全速力で馬場を走り抜ける素馳を行います。
【奉射】(ほうしゃ)
射手は一の組と二の組などに分かれ奉射を行います。射手は馬を全速力で走らせながら一の的から順に、弓に矢を番えては放ち馬場を駆け抜けます。奉射は各組とも2回ずつ行われます。
【競射】(きょうしゃ)
奉射の成績上位者が競射を行います。的は小さな土器的に替わり、的中すると中の小さな五色の紙が舞い上がります。競射により最多的中者が決められます。
【凱陣の式】(がいじんのしき)
止の太鼓(とめのたいこ)により競射を終え、凱陣の式(がいじんのしき)へと移ります。最多的中者は的を持って中央に進み出で跪座(きざ)します。奉行または検分役は、扇を開き骨の間より的を検分します。その後、太鼓方は陣太鼓を三打し、一同勝鬨(かちどき)を上げます。この儀式は首実検の意味も込められています。
【直会】(なおらい)
凱陣の式後に直会が行われ、御神酒を頂戴します。直会後、陣払いし、一切の儀式を終えます。

tenchochikyunoshiki

天長地久の式

 

諸役

流鏑馬は、様々な役割を担う「諸役」と呼ばれる人々によって支えられています。諸役は直垂(ひたたれ)を着て流鏑馬に参加します。「太鼓方(たいこかた)」「旗持ち(はたもち)」「扇方(おうぎかた)」「的目付(まとめつけ)」「幣振(へいふり)」「矢取(やとり)」の6種類の役割があります。

[太鼓方]行軍や凱陣の式などで太鼓を叩いて合図を送ります。
[旗持ち]行軍の先頭で紅白の旗を立て、一同を率います。
[扇方]扇を翻して馬が走る合図を送ります。
[的目付]的の的中判定と的の架け替えを行います。
[幣振]矢が的に的中したことを幣を振って知らせます。
[矢取]射手が放った矢を拾い上げ、射手に手渡します。

このように、諸役には様々な種類があり、いずれも流鏑馬において欠かすことはできません。流鏑馬を支える諸役に選ばれることもまた名誉なことなのです。

shoyaku 

 行軍中の諸役

 

 

The Japan Equestrian Archery Association thanks very much to those  who have visited the  website and especially to those who have answered the questionnaire.
The questionnaire has being closed on  January 31, 2017 with its mission concluded for the time being.  
We hope to  have you at the  2020 Tokyo Olympic and Paralympic Games.  Thank you again.